Site Overlay

薬剤師がスキルアップできる資格3つを紹介


子供に対する調剤のプロ!小児薬物療法認定薬剤師

子供に対する薬の投与は、大人以上に慎重にならなければいけません。薬による体調の変化をうまく言葉にできない乳幼児は、保護者の不安も大きく特に注意が必要です。
小児薬物療法認定薬剤師は、子供とその家族に対して処方された薬や服用方法などについて指導することができると認められた資格です。未熟児などのケアをするNICUなどでも需要が高まっており、活躍の場が広がっています。

がん治療の大きな要に!がん専門薬剤師

がんの研究は盛んにおこなわれており、薬の研究もすさまじいスピードで発展しています。多くのがん治療薬が世に出ており、患者自身にしっかりとした説明をして選んでもらうということが望まれています。がん専門薬剤師は抗がん剤をはじめとするがん治療に使用される薬についての相談に応じたり説明をする薬剤師です。抗がん剤に対する不安として多い副作用についても、適切な説明を行い患者の不安に寄り添うことが求められます。

スポーツ選手をサポート!スポーツファーマシスト

ドーピングをするつもりがなくても、たまたま口にした飲食物に違反となる成分が混ざっていたというスポーツ選手は意外と多いです。せっかく練習を積んできたスポーツ選手が、ドーピングによって試合に出られず結果を残せないことは非常に残念なことです。
スポーツファーマシストは、ドーピングに関する正しい知識や情報を常に最新のものとして持ち、スポーツ選手にアドバイスや指導をする資格です。ドーピングを意識するあまり必要な薬を服用しないスポーツ選手も中にはいます。正しい薬の使い方を指導し、スポーツ選手が競技に集中できるようにサポートする重要な役割を担っています。

薬剤師のシニア求人には調剤薬局や病院勤務はもちろん、ドラッグストアなどの求人も多くあります。正社員の募集だけではなくパートの募集も行っているので、働きながらも家族との時間を確保することができます。