Site Overlay

あなたは向いている?工場バイトの特徴と適正


どんな仕事がメインなの?工場バイトの種類

バイトの中でも比較的受かりやすく、年齢層も幅広い工場でのバイト。繁忙期の波があり、勤務する工場によってその時期は異なります。
例えば、お弁当やお惣菜の製造工場ならば時期による繁忙期の波は小さいですが、時間による繁忙期はあります。お昼や夕方に間に合わせることになりますから、深夜や早朝などに働く可能性が出てきますよね。
反対に、お供え物の製造工場であれば夏に、クリスマスケーキやおせちなどの製造工場であれば冬に繁忙期がやってきます。また、車の部品などの工業製品も、新商品や生産数などによって繁忙期は上下しますよ。
もし、短期でのアルバイトを考えるのであれば、季節ごとに繁忙期がくるような製品を選ぶと採用されやすいですし、集中して出勤することになるので、短期間でしっかりと稼ぐことができます。

工場バイトに向いている人って?仕事内容と適正

工場でのバイトは、基本的には流れ作業です。自分が担当する部品や食品を作ったりし分けたり詰めたりすることが主な仕事です。特に、短期バイトとして働くとなると、品質チェックなどよりも、淡々と仕事を進めるレーン担当になる可能性が高いでしょう。自分一人で黙々と作業を進めることが苦でない人に向いています。
バイトでも長期で勤務するとなると、品質チェックや在庫の管理などをまかされる可能性があります。こういった部門で働くには、全体を把握したり、他のスタッフへの指示出しやヒアリングが必要となります。コミュニケーションをしっかり取れる人は、このような部門が向いているでしょう。
また、時間帯が不規則になりがちなので、そういったストレスに強いこと、セルフマネジメントができることも大切なポイントです。

工場の求人が求人誌などにあります。自宅から通いやすいとか自分でもできそう仕事かどうかを考えて工場で働いてみましょう。工場では場合によっては、深夜に勤務することがあります。その時深夜手当がつきます。