Site Overlay

キャリアアップを目指したい?外資系企業に行こう!


外資系企業はキャリアアップを目指しやすい

外資系企業は国内企業に比べてキャリアアップを目指しやすいのがメリットです。これから必死に働いてキャリアを積み上げていき、将来的には管理職になりたいといった目標を持っている人は外資系企業への転職を検討してみましょう。外資系企業でキャリアアップをしやすいのは成果主義が基本になっているからです。端的に言えば、企業にとって利益になる成果を出せば正当な評価を受けることができ、給料が上がったりポジションを上げてもらえたりする仕組みになっているのが一般的です。まだ若いから評価しないなどといった年齢による差別を受けることもないので若いうちからキャリアアップを目指すことができます。

キャリアアップは一度に大きな飛躍をするのが難しいのが一般的ですが、外資系企業では目覚しい成果を上げれば突然平社員から部長への抜擢といったことも起こる場合があります。そのくらいに成果を重視して、将来的にもっと企業に貢献してくれそうな人材であれば期待も込めた昇進をさせるという考え方が浸透しているのです。また、その企業ではもう成果を上げるのが難しくなったという場合にも退職で苦労することはあまりありません。外資系企業では転職によりキャリアアップをしていく人が多いので、当然のことのように受け入れてもらえることが多いからです。

成果がないとキャリアアップできないので注意

外資系企業への転職によってキャリアアップを目指したいと思った人が気をつけなければならないのが、本当に成果主義だということです。成果を上げれば高く評価してもらえますが、成果がないとクビになることすらあります。企業にとってプラスの影響をもたらしている人には給料を適切な金額だけ払い、役に立たない人材は速やかに退職してもらうという形で運営していることが多いのです。ある程度の期間は雇用を続けてくれるのが一般的ですが、何年も働いているのに一切成果が上がっていないとなると上司に肩を叩かれてしまうかもしれないので注意しましょう。

国内にある外資系企業のオフィスでは海外のオフィスに比べるとクビにするというほどのことはあまりないのは確かです。ただ、成果が上がらなければ年収が下がることはあります。当然ながらポジションも上がることはなく、最初は課長で採用された人も係長以下にポジションが下げられてしまうこともないわけではありません。きちんと成果を出せる職場を見つけて転職することがキャリアアップを目指すためには必須と考えましょう。

世界中での活躍が求められる外資系求人において、英語力が求められる可能性は高く、必須条件となっていることも少なくありません。